猫や犬の捜索はこちら〜ペット探しの探偵〜




こんにちは。ハートベル調査事務所の山戸です。

探偵社・興信所という職業は、特に免許も資格も無く誰でも簡単に開業することが出来ます。 (大阪府は届出が必要です。)

経験がなくてもそれなりの社名を付け、広告を出せば誰が見ても立派な探偵である。最近では、 インターネットの普及によりホームページを作成して、ネット上で簡単に調査依頼を受け付ける事が出来る様になりました。

しかし、経験も実績も無い探偵社に調査依頼をすると、尾行中に対象者を 見失う事が多かったり、相手にきずかれたりトラブルも多いようです。

又、見積りの段階で必要以上 の調査を進めたり、高額な調査料金を提示するところも要注意です。
ペット探し > ワンちゃん、猫ちゃん捜索

突然、大切なペットがいなくなったら・・・

ペットも家族の一員です。頬っておくことは出来ません。
先ず、最初にしなくてはいけないことは、自宅周辺を何回も探してください。

それでも見つからなければ警察と動物管理センターへ連絡してください。

その後、最寄の保健所へ連絡し、保護されていないか確認してください。保護され
ていなければ、迷子になったペットの種類と特徴を伝えておいてください。そうしないと、
保健所に保護されてから3日間で処分の対象にされてしまいます。

ペット探しのポイント1
1. 先ず、最初にワンちゃん、猫ちゃんが居ないのに気づいたら、自宅を中心に円を描くように探してください。
2. 食事を家の玄関前や居なくなった所においてあげてください。
声を掛けながら探す様にしてください。

ペット探しのポイント2
1. 自宅周辺を探しても見つからない時は、警察と動物管理センターへ連絡してください。
2. 自宅近くの保健所を調べて保護されていないか確認してください。
保健所に保護されていなくても念の為に、自分の目で確かめに行くのも良いと思います。

ペット探しのポイント3
1. 居なくなったペットの写真を載せたチラシを作成し、近隣で情報収集をし
てください。
2. 動物も人間も同じで、居なくなってから直ぐに探すのが基本です。
3. 時間が経てば経つほど遠くへ行ってしまったり、情報が少なくなってしまいます。
4. 自力で探すことが難しかったら、弊社にご相談してください。ご相談やお見積もりは無料です。

弊社で探したペットの種類
1. 公園で水浴びをしていて居なくなった、「カメ」
2. 自宅の窓から飛んでいった、「セキセイインコ」
3. 籠の掃除をしていて飛んで行った、「九官鳥」
4. 窓を開けた隙に出て行った、「ねこ」  多数有り
5. 気付いたら居なくなっていた、「犬」  多数有り 

 ペット探しの料金はこちら
1日5時間〜6時間 35、000円
チラシ作成 100枚単位 5、000円

迷い猫
ペット探しは、プロの探偵にお任せください!
 
 
 
Copyright(C)  HEARTBELL CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED